GS1200SS スイングアームワンオフ製作①

2021/04/08 ブログ
GS1200SS スイングアーム

こんばんはm(__)m

預かり作業が非常に多く、現在も作業にはまってます💦💦とにかく内容が濃く大変な作業が多い状況ですね(((^^;)

暫くは250cc以下の車両の御依頼はお受け出来ないかと思いますm(__)m申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

さて、今回は表題にあるGS1200SSのスイングアームをワンオフ製作します。社外流用も考えましたが、スペシャル感がない気がするので製作にしました!!

GS1200SSスイングアームで気になるので、サスペンションマウント・トルクロッドマウント・チェーン引き周辺になります。この箇所を大幅に変更しスタビライザー溶接していく作業になります。

GS1200SS スイングアーム

まずはチェーン引き。専門業者さんにNCによる切削したワンオフチェーン引きになります!!チェーン引きはブロックタイプを使用します。

純正スイングアームのチェーン引き部を切り離して、製作したチェーン引きを溶接なります。

GS1200SS スイングアーム

サスペンションマウント・トルクロッドマウントも同じく、ビレット品を使用!!チェーン引きと同じく純正品を切り離した後、修正して擦り合わせて溶接していきます。

GS1200SS スイングアーム

サスペンションマウント溶接する為に、1度スイングアームを車体に取り付けて治具に合わせてマウントを位置決め溶接。その後スイングアームを取り外し本溶接に入ります!!

GS1200SS スイングアーム

スタビライザーは押し型から整形・溶接しバーリング加工したパーツをスイングアームに溶接していきます。

GS1200SS スイングアームスタビライザー

スタビライザーをパーツは7N01材のリブ付き角パイプを使用して、先ほどのモナカ合わせにした部材と溶接して合体させます。スイングアームに歪みが出ないように治具にて固定済み。

GS1200SS スイングアームスタビ

トルクロッドマウントを溶接する為に、一度使用するホイールを仮組みしトルクロッドが干渉しない位置を決めて位置決め溶接になります。

GS1200SS スイングアーム

トルクロッドマウントも溶接されて、スイングアーム本体の製作は完了になります。非常に手間と時間がかかる作業になります。メリットはそのままスイングアームが取り付け可能であり、ホイールも勿論純正の使用が可能です。デメリットは製作する価格の問題と製作時間ですかね(((^_^;)

GS1200SS スイングアーム

スイングアームのワンオフ製作完了になります。まずは試しの1本ですが無事製作終わりました!!ここからダイヤモンドコーティングになります。

時は流れて……

GS1200SS スイングアーム

スイングアームがダイヤモンドコーティングから帰ってきました。

ここからデモ車であるうちのGS1200SSに取り付けになりますm(__)m

現在、倒立フォーク用のトップブリッジ・アンダーブラケットも製作段階に入りました。正立フォーク用も現在製作予定で進めています。

今季中には色々とビレットパーツがラインナップ出来そうです(^^)