GSX-R1100 レーシングカウル装着①

2023/12/22 ブログ
GSX-R1100 カスタム

こんばんは!!

かなり作業の切羽詰まってきましたね(・_・;)やはり想定外にパーツ入荷してこないパターンがやはりあり、今年度中に出せない車両も出てきましたね💦💦

なかなか予定通りに進行は相変わらず難しいですね。来年度もいきなり色々と予定が狂いそうだな〜💦

GSX-R1100 S様号は長期作業確定でして、難易度も高くちょっとヤバ目です。フロント・リヤ共にレーシングカウル装着ですが、ステー類は一切なし………全てワンオフ作業です。

現在、単品のワンオフパーツ製作は受けていない状況です。400ccあたりの作業も今後はやらない方向にかな(^_^;)

GSX-R1100 カスタム

このGSX-R1100は既にフロントがクレバーウルフのレーシングカウルですが、エンデュランス耐久レーサー風のカウルを前後装着します。

リヤは比較的なんとかなりますが……フロントが一番ヤバイかな〜💦💦

油冷カスタム

まずはリヤ廻りからスタート!

全て製作し直しの流れになるかと思います(^_^;)バッテリーケース・電装パーツステー・シートカウル取り付けステー・シート本体等……かなりの重作業だな〜💦

GSX-R1100  カスタム

とりあえずパーツを剥ぎ取りました。一旦何もない状態から色々考察したいと思います!

 

GSX-R1100 カスタム

まずはリヤのレーシングカウルを仮で乗っけて位置確認。角度や取り付け位置はこんな感じで良さそうです。

この感じで取り付け出来るようにシート廻りを製作していきます!

GSX-R1100 カスタム

シート取り付け台座ベースから製作スタート。

毎度使う加工材料の7N01角パイプを使用してベース製作です。加工材料として非常に優れてまして溶接性も良好です(⁠^⁠^⁠)

GSX-R1100 カスタム

角パイプ4本から枠を製作していきます。位置合わせですり合わせ作業をして溶接していく手順です。

油冷 カスタム

この枠組みですが、溶接すると簡単に歪みますのでしっかりと抑え込みながら溶接していきます。肉厚もないので溶接はなかなか難しい:⁠^⁠)

GSX-R1100 カスタム

まずはシートの台座ベース製作は完了。勿論脱着が可能なように製作してありますのでボルト4本でフレーム固定してありますよ!

この枠組みの上に台座を取り付けていきたいと間がています:⁠^⁠)

GSX-R1100 カスタム

シート台座部分の図面を作成。図面を考えるのがなかなか大変でして非常に時間がかかります。

整備・図面・接客・経営と一人で全てこなすのはなかなか大変でして、流石に全てがスムーズには進みませんのでご了承下さいませ💦

なので、預かり時期やご連絡時期もラフな回答しております。多少前後しますのでよろしくお願い致します。お急ぎの方やピシっとした返答お待ちの方は他店のが良いかもですね(^_^;)